オーダー収納家具 studio SOU

壁面収納/キャビネット/カウンター下収納 etc・・・

さじ加減・バランス・塩梅・・・・大事ですよね。

こんにちは。

収納家具をオーダーできるお店『studio SOU湘南』です。

※公式HPはこちらからどうぞ。

http://www.soukuukan.com

 

 

昔、あるお客様に言われたことがあります。

 

『fukudaさんは、お客様の言うことは否定しなさそうな人ですね。』

 

うーん、褒め言葉なのか、ちょっぴり皮肉なのか、

瞬時には判断しかねる言葉ですね。

f:id:soukuukan:20180121104544p:plain

正確に言うと、あるお客様がお店にいらして私と打ち合わせをした後、

ご自宅に戻って奥様に私の印象を話したそうなんです。

 

後日、私がお客様宅に採寸に行った際、奥様しかおらず、

その奥様から、ご主人がそう話していたと聞いたわけです。

 

 

この言葉は妙に私の心に残ってまして、今でもときどき思い出します。

やはりこの時のお客様が感じたのは、

『もう少しお店側からも提案して欲しい』

『もっと意見を聞きたい』

ということだったのだと思います。

 

 

『なんだそうか、だったらどんどん思いつくことを提案してみよう!』

というのも、ちょっと極端です。

お客様はいろいろですから、やはり人に合わせて

接客・提案することが大事なんだと思います。

 

当時の私は、どのお客様に対しても

『お客様の意見を大事に』が強すぎた、というより

それだけになってしまってたんですね。

その言葉を聞いてからは、お客様によってははっきりと

『こうした方がいいですよ』『この色が合うと思います』

とオススメ・提案を言い切るように心がけています。

 

でも、中には自分のイメージを

しっかり持って来店する方もいらっしゃいます。

そういうお客様には、そのイメージ通りにプランを実現するには

どうすればよいかを考えます。

こちらからむやみに発信するよりも、

聞き出す・受け止める作業の方が大切になってくるわけですね。

 

 

なんだかわかったように書いていますが、

あくまで意識しているというだけのことです。

実際にはうまくできていないことが多いと思います・・・。

 

 

お客様への提案の仕方・接客の仕方、という部分での話ですが、

結局、こうすれば良いという回答は無いですよね。

だから、記事タイトルに書いたように、

『さじ加減』『バランス』『塩梅』という、あいまいな感覚を意識しながら

お客様に接していく必要があると思っています。

 

仕事って『これだけやってればいい』っていう

簡単なものじゃないですよね。

でも、だからこそやりがいや達成感が生まれるのだと思います。

もっとうまくお客様にご提案できるよう、

今後も頑張ってまいります。

studio SOU湘南店でした。