オーダー収納家具 studio SOU

壁面収納/キャビネット/カウンター下収納 etc・・・

世界に一つだけの家具を造りましょう~

こんにちは。

収納家具をオーダーできるお店『studio SOU湘南』です。

※公式HPはこちらからどうぞ。

http://www.soukuukan.com

 

 

いつも冒頭の言葉は同じですが、

『オーダーする』ということは、世界にたった一つ、

あなたのためだけに製作された家具ができるということです。

素敵なことですね。

 

今日、たまたま資料をまとめるために

過去の施工写真を振り返っていたのですが、

どの写真にも、それぞれのお客様とのやり取りが思い出されてきて

思わず顔がほころんでしまいました。(^_^)

 

少しずつ、このブログでも写真を載せていこうかなと思っています。

 

 

今日の一枚はこちら。

f:id:soukuukan:20180301180249j:plain

 

パッと見は、わりと普通のキッチンバックのカップボードです。

それでももちろん、各所お客様のご要望をお聞きしながら

寸法を割り付けた、オリジナルの、唯一無二の収納家具です。

 

 

こちらのお客様とのやり取りで思い出されるのは、

冷蔵庫の脇のスキマ。

f:id:soukuukan:20180301180749j:plain

ここに作った縦長のスペースが、まさに唯一無二なんです。(^_^)

どういうことか?

 

冷蔵庫脇に置くスライドボックス収納というのは、

ネットなどでも、安価な汎用品でいろいろ見つけることはできます。

 

でもこちらのお客様は、

『せっかくのオーダー家具の脇にそれはイヤ』とおっしゃってくださり、

『ならば作りましょう!』ということになりました。

 

 

お客様曰く、

『これ(保存容器)をいろいろしまえるスペースにしたい』とのことでした。

f:id:soukuukan:20180301181316j:plain

聞けば、このシリーズでいろいろな寸法の容器があって、

スタッキング(積み重ね)もできるそうです。

 

ということは・・・・、

『状況に応じて、スライドボックスの高さが変えられると便利かも・・・?』

って思いつきました。

 

そこで、先ほどの上の写真をもう一度ご覧ください。

f:id:soukuukan:20180301180749j:plain

側面にたくさん、レールの受けが付いているでしょう?

このレール、簡単に手前に抜き出すことができるので、

好きな高さの受けのところに差し直せば、

いろいろな高さでスライドボックスが使えるんです。(^_^)

 

ふつうはこういうことはしません。

なぜかというと、引き出しのレールって、受けとレールがペアなんです。

受けしか使わないのはもったいないですからね。

 

でもこのレールは非常にリーズナブルなので、受けだけのために

多く付けても、そんなにコストアップはしません。

使わなかったレールが何本か無駄になってしまいますが、

このときは便利さの方を優先しました。

 

 

こんな感じです。

f:id:soukuukan:20180301182514j:plain

f:id:soukuukan:20180301182549j:plain

けっこうギリギリの部分もあり。(笑)

でもちゃんと計算通りです。

使えるスペース(高さ)は決まってたので、

あとはなるべく有効に、フレキシブルに使えるよう、

レールの受けを配置しました。

 

 

全体の中で一番小さいスペースの部分に、

一番たくさんの打ち合わせをした案件でした。

でもそこが面白いんです。

 

 

完成した時はうれしかったですね。

収納してみるとやっぱりピッタリで、まさにオーダーの家具ならでは、

という感じになりましたから。

自分のモノじゃないのに、うれしくなるんですね。

 

 

これからもまた写真を載せながら、お客様とどんなやり取りをしたかなど、

ご参考までにブログアップしていきたいと思います。

studio SOU湘南店でした。